探偵事務所の選び方

悪質な探偵業者を見分けるチェックポイントとは?

浮気調査を依頼する際、一番大切なことは探偵事務所の選び方です。
現在、探偵業者の届け出は全国で5000以上あります。

2007年に施行された「探偵業法」という法律によって、探偵の営業には各都道府県の公安委員会への届け出が必須になりました。探偵業法では、暴力団員が探偵として営業することを禁止しているほか、依頼者との契約時に契約の内容を明らかにする書面を交付しなければならない、などと定めています。

この探偵業法によって、かつての悪質なボッタクリ業者は少なくなりましたが、依頼した通りに調査をしない、依頼後に何かと理由を付けて追加料金を取る、といった悪徳業者が依然として存在することも事実です。

ここでは、悪質な探偵業者を見分けるチェックポイントについて考えてみたいと思います。

<悪質な探偵業者を見分けるチェックポイント>

 @ 探偵業法の届け出をしているか
 A ホームペLンなどで会社の所在地が公開されているか
 B 探偵業者の協会、または団体に加入しているか
 C 相談内容をあまり聞かずに、すぐに調査料金を言って契約を促してこないか
 D 会社・事務所での面談を避けようとしていないか
 E 調査料金が異常に安くないか
 F 復縁工作や電話番号からの所有者判明など、違法調査を宣伝していないか

最初の@〜Bは基本です。業者のホームページを見れば、届け出番号や業界団体のことが記載されていることが多いので、チェックしてみましょう。
Eの「調査料金が異常に安い」というのも考えものです。
あまりに安いと、調査内容がお粗末だったり、後で車両代などの経費を請求されて割高になったり、調査費用とは別に高額の成果報酬を請求されたりするケースもあるので注意が必要です。
最後のFはそもそも違法です。こうしたサービスを利用すると、後日、自分がトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、利用しないほうが賢明でしょう。

探偵事務所に電話をかけて相談の予約をすることになりますが、できれば、直接事務所に行って、自分の目で業者の規模や雰囲気などを確認したほうがいいでしょう。

相談の際には、相談員や担当者がしっかり自分の話を聞いてくれるか見極め、料金システムをしっかり確認したうえで、よく考えてから依頼しましょう。
もし、悪質な業者に依頼してしまった場合は、各地域の消費生活セッターや、内閣府が認可した全国調査業協同組合に相談してみるとよいでしょう。

 

サイトマップ